in お金を借りる

大手銀行3行のカードローンを比較!その内容とは?

三菱東京UFJ銀行(以下“三菱”)と三井住友銀行(以下“三井”)、そしてみずほ銀行は日本の3大メガバンクと呼ばれている金融の超大手です。ではその自動契約機カードローンはどんな内容になっているでしょうか?まず金利を比較すると、基本のカードローンであれば、三菱の「バンクイック」というカードローンは年1.8%~14.6%です。三井のカードローンは4.0%~14.5%です。そしてみずほは「コンフォートプラン」というローンが3.5%~14.0%になっています。こうしてみるとみずほ銀行がわずかですがトップになっています。ちなみにみずほには「エグゼクティブプラン」と呼ばれている上位プランも存在し、この場合金利は3.0%~7.0%とさらに上限金利が半分になっています。もしこちらのプランを銀行側から割り当てられるとしたら相当お得です。もちろん審査はもっと厳しめになることは予想されますが、低所得者層のカテゴリにない人なら一度挑戦したいところです。続けて限度額ですが、三菱は最高500万円、三井は最高800万円、みずほは1,000万円になっています。ここでもみずほがトップに立っています。限度額が大きいと借り換えやおまとめローンに有利です。しかもみずほの場合は上記のように金利水準も低いので余計そうです。提携ATMの手数料が無料であることや、即日審査&融資が可能であることは3行とも同じです。結論として金利重視であれば大手3行ではみずほがお得といえます。