in キャッシング

収入がない人は総量規制のない銀行ローンがおすすめ

収入がないけどローンを組みたい、という方には銀行ローンがおすすめです。
その理由は銀行ローンは、貸金業法に定められる総量規制の対象外であるためです。
総量規制とは多重債務者が増えてきた対策として定められた、税控除前の年収の三分の一までしか借入をさせてはいけないという法律です。返せる分までしか借りられなくすることで多額の債務に苦しむ人を減らす狙いがあります。
もちろん悪い法律ではないのですが、収入が少なければ少ない人ほど借入出来る金額も少なくなってしまいますので本当にお金が必要な人なのに借りられないというデメリットもあります。

ですがこれは貸金業法なので、貸金業者にしか適用されません。具体的には消費者金融などが適用の対象です。
銀行には貸金業法ではなく銀行法が適用されますので総量規制の対象外ですから、収入の少ない人でも収入による金額の制限がなくおすすめです。金利面でもこちらの方が低く安心感もあり、借りたあとの返済を考えてもおすすめできます。

ですがもちろん審査はあります。
メリットが大きい分、銀行ローンの方が審査も若干厳しくなっています。
収入から見て借入希望額があまりにも大きいと審査が通らない可能性もあります。
収入が少なくても絶対に借りられるというわけではありませんので注意してください。
既に取引のあるところで申し込んだ方が審査も通りやすくなります。
これまでの取引振りも審査に反映してくれる可能性があるからです。
http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html