in おまとめローン

おまとめローンとカードローンでおまとめ

借金の一本化、というとおまとめローンが知られていますが、ネットでおまとめローンを検索しますと普通のカードローンもいくつかヒットします。カードローンというのは資金使途が自由なローン商品ですから、おまとめ目的でも利用が可能というわけです。では、おまとめローンを利用するのとカードローンでおまとめするのと、どういった違いがあるのでしょうか?

【金利】
金利は各社で設定が違いますし一概には言いきれないのですが、同じ金融機関でカードローンとおまとめローンとを扱っている場合、金利の上限はおまとめローンのほうが低く、また金利の下限はおまとめローンのほうが高くなっているケースがあります。東京スター銀行のおまとめローンとカードローンとをみてみますと、おまとめローンの金利は保証料率を除く約定金利で年率4.6%~13.6%で、対してカードローンのほうは年利4.5%~14.6%となっています。

【限度額】
限度額も各社で設定が違いますのでなんとも言えないのですが、東京スター銀行の場合にはカードローンが最高500万円、おまとめローンが最高1,000万円となっています。

【返済期間】
おまとめローンは返済期間が最長10年など長めな設定になっているものが多く、一方でカードローンのほうはといいますと、返済回数で最長80回まで(6年9ヶ月)という設定などおまとめローンよりも最長返済期間が短い傾向があります。返済期間が長くなればその分、支払う利息が増えるというデメリットもありますが、ダイレクトに月々の返済負担を減らすことにもつながります。

【審査スピード】
おまとめローン通りやすい審査には時間がかかるケースが多いです。一方で、カードローンのほうは即日融資のものもあるなど審査スピードは速いと言えます。ただし、カードローンでおまとめをするのであれば、他社借入件数もいくらかあるわけですし希望借入れ額も大きなものになりますから、少し時間がかかることはあるでしょう。

【手続き】
カードローンのほうはATMなどから手軽にお金を借りることができますが、おまとめローンはそうした借り方ができないケースが多いです。カードローンの場合には申込や契約、振込み手続きまで一連の手続きをスマートフォンなどから手軽にできるものがたくさんありますが、おまとめローンの場合には申込はネットでできても契約書類の郵送が必要だったり、また店鋪・店頭窓口のみで受け付けていたりというように手続きに手間がかかるケースが多くなります。

【借り入れが新たにできるかどうか】
カードローンというのは、審査によって決められた限度枠内で何度でも繰り返し借り入れが可能というのが特徴ですが、おまとめローンと名のつく商品は基本的に返済専用であることが多く、車のローンや教育ローンなどと同様に一度借りたらあとは返済していくのみで繰り返しの借り入れはできません。東京スター銀行のおまとめローンなどは、返済が順調に進んでいき借り入れできる余地ができれば繰り返し利用ができるようになっていますが、基本的には返済のみというところが多いです。