大手銀行3行のカードローンを比較!その内容とは?

三菱東京UFJ銀行(以下“三菱”)と三井住友銀行(以下“三井”)、そしてみずほ銀行は日本の3大メガバンクと呼ばれている金融の超大手です。ではその自動契約機カードローンはどんな内容になっているでしょうか?まず金利を比較すると、基本のカードローンであれば、三菱の「バンクイック」というカードローンは年1.8%~14.6%です。三井のカードローンは4.0%~14.5%です。そしてみずほは「コンフォートプラン」というローンが3.5%~14.0%になっています。こうしてみるとみずほ銀行がわずかですがトップになっています。ちなみにみずほには「エグゼクティブプラン」と呼ばれている上位プランも存在し、この場合金利は3.0%~7.0%とさらに上限金利が半分になっています。もしこちらのプランを銀行側から割り当てられるとしたら相当お得です。もちろん審査はもっと厳しめになることは予想されますが、低所得者層のカテゴリにない人なら一度挑戦したいところです。続けて限度額ですが、三菱は最高500万円、三井は最高800万円、みずほは1,000万円になっています。ここでもみずほがトップに立っています。限度額が大きいと借り換えやおまとめローンに有利です。しかもみずほの場合は上記のように金利水準も低いので余計そうです。提携ATMの手数料が無料であることや、即日審査&融資が可能であることは3行とも同じです。結論として金利重視であれば大手3行ではみずほがお得といえます。

おまとめローンとカードローンでおまとめ

借金の一本化、というとおまとめローンが知られていますが、ネットでおまとめローンを検索しますと普通のカードローンもいくつかヒットします。カードローンというのは資金使途が自由なローン商品ですから、おまとめ目的でも利用が可能というわけです。では、おまとめローンを利用するのとカードローンでおまとめするのと、どういった違いがあるのでしょうか?

【金利】
金利は各社で設定が違いますし一概には言いきれないのですが、同じ金融機関でカードローンとおまとめローンとを扱っている場合、金利の上限はおまとめローンのほうが低く、また金利の下限はおまとめローンのほうが高くなっているケースがあります。東京スター銀行のおまとめローンとカードローンとをみてみますと、おまとめローンの金利は保証料率を除く約定金利で年率4.6%~13.6%で、対してカードローンのほうは年利4.5%~14.6%となっています。

【限度額】
限度額も各社で設定が違いますのでなんとも言えないのですが、東京スター銀行の場合にはカードローンが最高500万円、おまとめローンが最高1,000万円となっています。

【返済期間】
おまとめローンは返済期間が最長10年など長めな設定になっているものが多く、一方でカードローンのほうはといいますと、返済回数で最長80回まで(6年9ヶ月)という設定などおまとめローンよりも最長返済期間が短い傾向があります。返済期間が長くなればその分、支払う利息が増えるというデメリットもありますが、ダイレクトに月々の返済負担を減らすことにもつながります。

【審査スピード】
おまとめローン通りやすい審査には時間がかかるケースが多いです。一方で、カードローンのほうは即日融資のものもあるなど審査スピードは速いと言えます。ただし、カードローンでおまとめをするのであれば、他社借入件数もいくらかあるわけですし希望借入れ額も大きなものになりますから、少し時間がかかることはあるでしょう。

【手続き】
カードローンのほうはATMなどから手軽にお金を借りることができますが、おまとめローンはそうした借り方ができないケースが多いです。カードローンの場合には申込や契約、振込み手続きまで一連の手続きをスマートフォンなどから手軽にできるものがたくさんありますが、おまとめローンの場合には申込はネットでできても契約書類の郵送が必要だったり、また店鋪・店頭窓口のみで受け付けていたりというように手続きに手間がかかるケースが多くなります。

【借り入れが新たにできるかどうか】
カードローンというのは、審査によって決められた限度枠内で何度でも繰り返し借り入れが可能というのが特徴ですが、おまとめローンと名のつく商品は基本的に返済専用であることが多く、車のローンや教育ローンなどと同様に一度借りたらあとは返済していくのみで繰り返しの借り入れはできません。東京スター銀行のおまとめローンなどは、返済が順調に進んでいき借り入れできる余地ができれば繰り返し利用ができるようになっていますが、基本的には返済のみというところが多いです。

青汁とカリウムについて

青汁と言うと様々な栄養素が多く含まれ、様々な青汁効果があります。食物繊維が豊富なので、それによるダイエットサポートやデトックス効果がよく知られていますが、青汁にはそれ以外にも健康に良い効果があります。その一つがむくみ予防効果です。現代人は運動不足や不規則な食生活などにより、血流やリンパの流れが滞りがちです。すると体内の余分な水分の排出が上手くいかなくなり、むくみが生じやすくなっています。特に立ち仕事や長時間同じ姿勢で仕事をする方に生じやすく、ひどいと痛みを伴う場合もあります。そんなむくみを薬や無理な運動をせずに自然に解消する効果が青汁にはあります。なぜなら青汁にはむくみ解消に効果的なカリウムが豊富に含まれているからです。青汁の主原料はケールや大麦若葉、明日葉です。その中でも大麦若葉と明日葉にはカリウムが多く含まれているので、飲むだけで普段の食事で不足しがちな分を摂取することができます。また、この栄養素には体内のナトリウムとミネラルバランスを調整する働きがあります。ナトリウムが多いと高血圧を引き起こす要因となるのですが、カリウムを摂取すると血中のナトリウム濃度を下げる効果があるため高血圧を改善する効果もあります。
このように青汁には様々な健康効果がありますが、むくみ解消や高血圧の改善ができるのはカリウムが豊富に含まれているからです。そのため、普段からむくみや高血圧で悩んでいるという方にはおすすめです。

お金すぐ借りる方法

今すぐお金を借りるために良い方法としては、消費者金融のプロミスから融資を受けることです。プロミスは三井住友銀行グループとして運営を行っているために、高い信頼性のある消費者金融となります。即日融資にも対応しているためにお金すぐ借りることを希望しているのであれば、最適なサービスを行っています。プロミスで行われている審査は、申込みをしてから最短30分ほどしか時間がかからずに、融資は1時間ほどで実行されるので、申込みをした日のうちに借り入れができます。来店して借り入れ契約を行うときには、自動契約機や店舗、三井住友銀行のローン契約機を利用することが可能で、手続きを行えばすぐにカードを受け取ることができます。店舗の場合には平日のみの営業となっていますが、自動契約機とローン契約機であれば土日や祝日も営業をしていますので安心です。カードを受け取ることで、プロミスのATMと提携先のATMを利用できるようになるので、24時間いつでも好きなときに融資が受けられます。プロミスのATMの営業時間が終わっているときであっても、大手コンビニと提携をしているので近くのコンビニに設置されているATMを使えば、すぐに借り入れができる点も大きなメリットとなります。ネットを使っても融資を受けることが可能で、スマートフォンや携帯電話があれば場所に関係なく、どこからでも融資の依頼ができます。ネット上からの振込み融資を受けるときの金融機関として、三井住友銀行またはジャパンネット銀行を指定しておけば、すぐに振込みが行われます。

収入がない人は総量規制のない銀行ローンがおすすめ

収入がないけどローンを組みたい、という方には銀行ローンがおすすめです。
その理由は銀行ローンは、貸金業法に定められる総量規制の対象外であるためです。
総量規制とは多重債務者が増えてきた対策として定められた、税控除前の年収の三分の一までしか借入をさせてはいけないという法律です。返せる分までしか借りられなくすることで多額の債務に苦しむ人を減らす狙いがあります。
もちろん悪い法律ではないのですが、収入が少なければ少ない人ほど借入出来る金額も少なくなってしまいますので本当にお金が必要な人なのに借りられないというデメリットもあります。

ですがこれは貸金業法なので、貸金業者にしか適用されません。具体的には消費者金融などが適用の対象です。
銀行には貸金業法ではなく銀行法が適用されますので総量規制の対象外ですから、収入の少ない人でも収入による金額の制限がなくおすすめです。金利面でもこちらの方が低く安心感もあり、借りたあとの返済を考えてもおすすめできます。

ですがもちろん審査はあります。
メリットが大きい分、銀行ローンの方が審査も若干厳しくなっています。
収入から見て借入希望額があまりにも大きいと審査が通らない可能性もあります。
収入が少なくても絶対に借りられるというわけではありませんので注意してください。
既に取引のあるところで申し込んだ方が審査も通りやすくなります。
これまでの取引振りも審査に反映してくれる可能性があるからです。
http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html

ソニー銀行カードローンは対応atmから借り入れできる?

ソニー銀行カードローンは、対応atmから借り入れをすることができます。セブン銀行とイオン銀行なら、何度でも無料でお金を引き出すことができます。そのほかの提携atmでも、月4回までは手数料が無料です。5回目以降でも、手数料は108円と低額なのが魅力となっています。具体的な提携atmは上記2つのほかに、イーネット、ローソン、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行となっています。利用可能時間はそれぞれ異なるので、個別に確認する必要があります。
ソニー銀行カードローンは、基本的にatmを使って借入をするスタイルになっていますが、初回に限り、口座に振り込みをしてもらうことができます。そのため、まだソニー銀行のカードをもらっていないという方でも、急ぎの需要に応えることが可能です。次回以降は通常通り、インターネットや電話、カードを利用する形での借り入れとなります。
ソニー銀行カードローンは、返済は約定日に一定金額の返済となります。これは、利用額に応じて決まっており、最低支払額は2000円です。これは10万円以下の借り入れに適用する額です。当然、これだけの返済では、ほとんど利息にもっていかれるため、なかなか債務は減りません。そこで、速く債務を減らしたい方は随時の返済をしていく必要があります。ソニー銀行カードローンは、随時の返済をすることができるようになっていますし、一括返済もできますので、余裕がある時には返済をすることで、債務をなくしてくスピードが上がります。